紙幣を持つ男性

マンション経営をして老後の資金にしよう!

アパートの経営

スーツの人

土地活用と相続税対策

自宅以外にも不動産を所有している世帯にあっては、土地活用は悩ましい問題であるといえます。特に相続税制が改正され以前よりも相続税の基礎控除額が引き下げられた現在にあっては、早めに相続税対策としての土地活用を考えておくことが重要になってきています。節税効果のある土地活用の方法としては、以前からアパート経営を行うという方法が広く知られています。アパート建設資金を借り入れることによって、一定の節税効果を得ることが出来るといわれています。しかし、アパート経営にあたっては入居者の管理などの手間や、空き室リスクなども存在します。そうした大家側の不安を解消するサービスとして、一括借り上げによる家賃保証サービスを提供する会社も増えてきています。

家族としっかり話し合おう

大家側としては、家賃保証の一括借り上げ制度を活用することにより、実際の入居状況にかかわらず安定した家賃収入を確保することができます。また、家賃の滞納が合った場合の督促や、面倒な管理業務を行う手間もかけなくてよいというメリットがあります。ただし、面倒な管理業務を委託することになるため、家賃保証サービスで保証される金額は自身で管理する場合と比べるとどうしても減ることになりますが、その点は必要なコストであるためやむを得ないといえます。一口に家賃保証サービスといってもそれぞれの会社によって保証する内容が異なるため、家賃保証サービスの利用にあたっては複数の管理会社を比較検討したうえで、今後アパート経営を引き継いでいくことになる家族ともしっかり話し合って決めるのがよいといえます。